進化するユーミン

 

       昨年12月1日にリリースされた、ユーミンの39枚目のアルバム

                 「深海の街」

                もう最高にいいの。

 

     ユーミンはこのアルバムで、進化して深化した新たなユーミンワールドを

                 見せてくれました。

 

       「部屋にいながらにして、近未来の'脳内リゾート'というイメージで...」

          とのユーミンの思いが詰まった、渾身の作品であります。

 

 

 

f:id:mwine:20210121135304j:plain

幻想的なジャケットです

 

 

 

f:id:mwine:20210121135431j:plain

「深海の街」MVのワンシーン

東ヨーロッパのどこかの駅を彷彿とさせるこの舞台。ノスタルジックであり、果てしなく未来的でもあり、ユーミンじゃなければ描き出せない世界ですね。

 

 

なんと9月から、全国60ヶ所のホールツアーが予定されています。

 

 

f:id:mwine:20210121140315j:plain

10月には「高崎芸術劇場」でも!

う〜ん、何がなんでも行きたいわ。ユーミンと我が郷土でお目にかかることができたのは大昔、確か「群馬県民会館」(今は名前が変わりました)だった?あれから数十年、我が郷土にも一昨年、新しい大人の為の劇場がオープン致しました。そりゃ「さいたまスーパーアリーナ」のようなド迫力はないけれど、コロナ禍の昨今、これくらいの大きさがちょうどいいのではないかしら?

f:id:mwine:20210121141621j:plain

新しいだけあって、中の様子もどこか近未来的でしょ?

何より、コンサートツアーが実施されますように(当選しますように)

待ってます、ユーミン